青空の朝

ベロが出てるウォレ助

すごく晴れてる…ようだけど、雪がチラついていた。
青空だけど寒かった。
散歩の折り返し地点でのモグモグタイムも、手がかじかんでなかなかオヤツが掴めない!
二人に早くー!って言われるけど、なかなか取れなくてすまん。

花びらの絨毯

花びらの上にまつり

ちょこっとドライブ散歩。
雨で散ってしまった花びらの上にまつり。
女の子っぽい感じで、なんだか可愛い。
もう少し笑顔が欲しかった。

公園にウォレ助

雨が降りそうだったからか、平日だからかだーれもいない公園。
得した気分。それほど寒くもなかったしね。

こんなに広いのに二人とも端っこでクン活に勤しんでいた。
もったいない…。

ビックリよ

見上げるまつり

今朝の散歩でキツネに遭遇した。おそらくキツネ。
動物管理センターに写真を見せて、最初ワンコだと思ったから迷い犬かもって言いたくて。
そしたら、それキツネの可能性が大きい、というかキツネですねって言われた。
もしかしたらキツネかもねとは思ったけど、家の方で野生動物を見たのは、庭に来たハクビシンくらい。
やっぱりー?という気持ちと、ワンコじゃなくて良かった(飼い主さんを探さなくて良かった)という気持ちと、キツネから病気もらわないように気をつけて散歩しなければという気持ちが同時に。
しかし、ビックリした。
ちなみに最初にキツネ(らしき動物)に気が付いたのはまつり。

キツネかな

とっさに写したキツネかもな動物。
雨に濡れて毛がホワホワしてなくて、ワンコかと思った。

たくさん

満足しているウォレ助

今日の散歩、朝と夕でウォレ助はたくさん出した。
我が家に来てからこんなに出したの初めてじゃないか?
なんの話?ンチの話し(笑)
ゲリでもなく、良い感じ。
昨日のリンゴがよかったのかな。
気持ち良いだろうなー、あんなに出したら(^^;;

って、汚い話でした。

暴風雪

頭に雪のウォレ助

風が強くて、たまに雨が降って…その合間のとても晴れた時に、サッと行きましょう!と散歩した。
晴れていたの、家を出た時は。
途中から暴風雪よ。立っていられないくらい。

ウォレ助のリードは私が持っていたけど、これはダンナに持ってもらわないと支えられないと思い交代して、私がまつりを抱っこ(歩かなく…歩けなくなった)して、転ばないように、転んだらまつり共々川に落ちるぞと踏ん張って歩いた。
どうしてこうなった…。大変だった、数分なのに。
ウォレ助も体が大きい分、風を受ける面積が大きいから立っているのも大変そう。ダンナに寄りかかって止まりつつ…だったみたい。私だったら風とウォレ助を受け止められないわー。
頑張って歩いた!ごめんねー、時間の判断間違えて。

まつりは私に抱っこのまま家に帰ったのだけど、みぞれになったり雨になったり雪になったりで、タオルでほっかむりして鼻先だけ出して全身で震えながらだった。
何しに外に出たのよ!って怒られそう。
私の姿を見たら赤ちゃんを抱っこしてるように見えたんじゃないかな(笑)

ふぅ、大変でした。皆さん、お疲れ様でした(涙

猫の日

見上げるなごむ

令和2年2月22日。2020年2月22日。なんと2ばかりの猫の日。
なごむにとって初めてのニャンニャンニャンの日。
誇らしげに見える。

見つめ合うなごむとまつり

飛びかかられるなごむ

最近はかなりヤンチャになって、後遺症のふらつきがあるにも関わらず、かなりアクロバティックなこともする。
後ろ足が付いていけなくて転んだり滑ったり、見ている私が怖くなる。
関節のサプリが必要なんじゃないかと思う程、豪快にすっ転ぶ。関節が怖い。
そんな時はまつりに教育的指導を受けながら、うるさがられながら、夜中もギャアギャア叫びながら暴れて私たちの睡眠を奪う。

もしかしたら今までおっちと小次郎は大人しい子だったのかな。華ちゃんはもともと大人しかったけど。
子猫ってこんなにうるさかったっけ?と思う程元気。
そんな猫の日、元気が一番。