想定外

私とダンナの想定外。
仔猫を避けたり逃げたり威嚇したり…そんなことになるのはまつりだと思っていた。
こんなに仔猫に対して好意的だとは思わなかった。

それと逆にウォレ助が仔猫に戸惑っている。想定外。
ウォレ助は友好的な犬種だし、散歩中もネコに近寄って行ったり、探したりしていたから、仔猫が来たら喜ぶと思っていた。

反対だった…。
シニアなウォレ助に我慢をさせることは良いことなのか。時間が解決してくれることなのか。
私たちがどうにかしてウォレ助と仔猫が接触しなくて済むように、見ているだけで済むようにすべきなのか。
それとも仔猫の里親さんを探すべきなのか。

まずは仔猫を健康にしなくてはいけないのであまり焦って考えてはいないけど、それでも仔猫の生活用品を揃えていかなくてはいけないので、ある程度は急がなくちゃいかないよね。
と書きつつも、迎える予定ではあるのだけど。
仔猫ももう少し体格が大きくなれば、その頃にはウォレ助も慣れてくれるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)