ご飯タイム

ご飯を食べるウォーをみんなで見守る

ウォレ助の寝床に寝るなごむ

1日5回に分けてご飯を食べるウォレ助に全員を合わせるわけにはいかないので、こうやって一人で食べて、まつりとなごむはいいなぁ…となるわけなのだけど、ウォレ助のこの状況をわかっているのか、うるさくしないで見守る時もある。
なごむはウォレ助が今まで寝ていた温もりが残るマットを素早く占領しているけど。してやったり。の顔してる気もする。

ウォレ助が24時間着けている補助ハーネス。私が作ってみたのだけど、上半身だけしか補助出来ない。
散歩をしなくなり後ろ足が弱くなってきているのかも?と思う時もあるけど、ワンツー(トイレ)をする時はまだ補助しなくても大丈夫なので、もう少し頑張ってもらおうかな。しばらくしたら後ろ足用も作るからね。
じっくり見れば汚い縫い目だけど、作ることが出来たら大きな体のウォレ助にもしっくりくる補助用品も使えるよね。

正直な話。大型犬用でよく見る補助服。合えば良いのだけど、ウォレ助には合わない。
そしてあれって重たくないか?使ってみて、作ってみてわかる。
丈夫さが大切なのだろうけど、あれを着て寝られると書かれているけれど…。うーむ。暑がりのウォレ助には向かないかもしれない。冬は良いかも。それと真夏のエアコンが効いている部屋とか。
今はまだ寝たきりではないから使うこともないけど、だけどそのうち使うことになるのかな。一応用意はしております(笑)
使うのをためらうもう一つの理由。肝臓からの出血とか、腹水があるとちょうど裾の位置がその位置なのね。圧迫してしまう恐れがあるということなのよ。
その日、その時で使う補助用品も変わってくるんだろうな。