● 疲れた

小次郎は縁側で蝶を待っている。
スズメも好きなんだけど、蝶はもっと好きみたい。
追いかけて、あっちに行ったりこっちに来たり。
疲れて「抱っこー」来たので私の膝に乗せたら、ガクッとうなだれてしまいました。
遊んでいるつもりが、蝶に遊ばれてしまった小次郎でした(^^

● 登った!

忙しいこの時間、本当はエントリする時間すらないのに。
小次郎が天井付近まで飛び上がった。
エントリせずにはいられない(笑
わかりにくいけど、ガラスの戸棚の上に物置場所と化している、滅多に開かれる事のない棚がございまして。
私が椅子に登って、もう使われることがないだろうという荷物をしまおうとした瞬間!
まず椅子の背もたれに上がり、そしてなんと私を踏み台にしてココまで登ってしまいました。
んもー!忙しいこの時間に。
降ろすのは母親にしてもらうとして(笑、私はエントリして、シャワーして、ダンナの仕事の手伝いに行ってきます・・。

● ボールで遊ぶ

小次郎が大好きなボールで遊んでいる時、とても意地悪です。
一緒に「こじ、今度はそっちに投げるぞー!」とか「お姉ちゃん、もっと投げてー!」な事がしたい。
小次郎が遊んでいる時、一切ボールに触らせてもらえない。
変な所に入れてしまって、自分じゃ取れない時だけ「取って。」と言いにくる。
そして、取ってあげて「そーれ!」と投げる瞬間、ダシッとネコパンチをして自分で投げてしまう。
なによ、もう!!