Img_6145485d1e8a7950dc614663df6edfcc
頑張った小次郎。
今夜点滴が外された。
外され、先生も帰り現在…興奮状態(^_^;)
予想はしていたけれど。目がランランとしてる。隠れないだけマシかな。
この頑張りで、今後食欲が出ると良いのだけれど…。

ストレスと緊張と恐怖で点滴二日目からはご飯も食べなくなって、昨日緊急に強制給餌。
このストレスが落ち着くの、どれくらいかかるのだろう。
寝てないだろうし、今夜はもう大丈夫だからゆっくりおやすみ…と言っても何か物音がするとビクッ!とするし。
私たちが普段通り過ごしているのを見せることが一番落ち着くのかな。
ちゃんと寝なさいね。明日はスッキリしたお顔でおはようを言おうね。
この数日本当にお疲れ様。美味しくご飯が食べられますように。
Img_96877d58a8647661ce9f1b2bf7746658
今日は写真が撮れなかった。昨日の写真。

小次郎、引きこもり。
寝不足からか、ストレスからか、体調からか、薬の副作用からか…。
全く動かなくて、人間の布団の中でずっと寝ていた。
しかもシッコをお漏らししたまま…涙

シッコ出してないなー。そろそろヤバいぞとなり先生に電話で相談。
行きたくなればちゃんと行くから大丈夫って。
電話後小次郎を見るために布団をめくったら、ペットシーツにお漏らししてた…。寝ながら…。
直前にペットシーツを敷いていた私はファインプレーだったけど、静脈点滴した時もそんな感じだったし、今日の場合は初めての痛み止めのお薬を飲んでいたし、原因がわからず(先生には24時間は強制給餌しなくても良いと言われていたけど、食べてなくてチカラが出ないといけないと思い、少しは強制給餌していた)もし薬のせいなら、夜の部の薬をどうすれば良いかもわからなかったし、相談の電話を。
お漏らし見つけたあと自分でシッコをしたんだけど、それが今日の初めての唯一の行動。
もう小次郎の心は限界なのかも。恐怖でいっぱい。
今日のたくさんの睡眠で明日には少しは歩いたりしてくれるといいのだけれど…。
お水も飲みたくなかったみたいで、ネコって本当に難しい。体調なのか精神的なことなのか、見極められない飼い主で申し訳ない。

歩くようになったら今度こそ、本当の食欲を確かめるために強制給餌はお薬を飲む時にだけにしてみようかとは思う。
…その食べない時間を私が我慢して見ていられるかも問題だけど(^_^;)
飢えは絶対にダメ。と思っているから。。

空腹でも吐いていないから、お薬は効いているんだろうなとは感じる。
食欲廃絶ではあるけれど。
Img_59f889fd30f52c3f39ca0f9f9ebe093d
相変わらず人間の布団に一日中潜り込んで身を隠してる。
そして相変わらず全く食べない。
吐き気止めが効いているのか、緊張が優っているのか、吐いてはいない。
こんなに吐かないの初めてかも。毎日吐いてたから。

この写真は潜り込んでいる布団がばあちゃんが寝るために取られたから、リビングの一番暗い場所に移動。

今まで投薬しても強制給餌しても私に一番甘えてたのに、もう私と目が合うだけで逸らされてしまう。逃げようとする。
小次郎の体が楽になるならと、強制給餌だって投薬だって輸液だって嫌われてもいいからやってきたけど、本当に完全に怖がられてる。
お母ちゃん失格だよね。17歳の小次郎にこんな思いさせるお母ちゃんなんていないよね。
もしかしたら私がいない方が小次郎はリラックスできるのかもしれない。
ごめんね、こんなお母ちゃんで。
でも私は小次郎の復活を信じてるから。許してね。
Img_f6e1bc136ccc4bb21fdfdf92e90f180d
可哀想な小次郎…。
家族さえ信じられない気持ちなのだと思う。
毎日楽しくないよね。ツライよね。
この先、気持ちを修復できるように、そのために今はそっとしておいてあげた方が良いのかな、と思って、大丈夫だよという気持ちを込めて…。
私もツライ。でも味方が誰もいないと思っている小次郎の方がツライはず。
耐えている小次郎を見るのは本当にツライ。
未だに食欲廃絶。
あんなにヤンチャで明るかった小次郎をこんな風にしたのは、きっと私なのだ。
Img_6493568616c2b7393f3bde9dfe48850e
夜の強制給餌と投薬が終わり、そそくさと隠れる小次郎。

相変わらず、食べない飲まない出さない動かないの1日。
恐怖感と不安感と疑心感と孤独感。小次郎からはそれしか感じられない。
強制給餌しても吐かないから、多分お薬は効いているんだと思う。
メンタルの方か、食べないことでの貧血悪化か、腎不全悪化だろうね…。

明日は先生に色々と聞いたりお願いしたりしようと思う。
Img_1cde5f5542011d0010e5a9441991a403
食事廃絶の小次郎。
食欲増進剤のジアゼパムを飲ませたけれど食べない。
フラフラしてウロウロしてるだけ。酔っ払い状態。
小次郎であって小次郎ではない状態。
飲ませたくないな…。
これなら嫌われても一生強制給餌で良いとさえ思ってしまう。

写真の顔、しっかりしてるでしょ?
お薬の影響がない時だよ。
この顔なら復活出来ると思うんだけどな。
Img_7be46346efe61672d21435ccea0a32e8
と言ってもジアゼパムが効いたということ。
昨日は効かなかった。今日は効いた。
ジアゼパムの本来の利き方、安定剤の方も小次郎に作用したのかな。
少し気持ちもほぐれて、食の方にも効いたとか?
効いたのは一瞬だったけど、30粒食べた。
薬ってすごいけど怖いね(^_^;)

コレ、フラフラしちゃうの。転びそうになる。
特に今の小次郎、食べてなくて体力ないから足にチカラが入らなくてフラつきに耐えられないみたい。
確かおっちの時は転ぶほどじゃなかった。少しフラついたくらいだった。
なもんで目が離せない。1日2回まで飲んでも良いってことだけど、なんか可哀想でどうしようかと思っちゃう。

ところが今さっき23:00、薬はもう切れているはずだけど10粒食べたのだ。
でも歩いてトイレに行っ時にまだ少しフラついてた。
腎不全の子は効きが長くなるかもって説明されたのがコレなのか…判断出来ない。
可哀想なら飲ませなくてもいいけど、食べたのなら軌道に乗りそうだから飲ませたいとも思うって、先生からメール。悩む…。
Img_b9ab6afc5743779e372c1ff73b27f9f7
今日もジアゼパムのチカラを借り、その時間帯にモリモリ(今日はモリモリでした)とセレクトプロテインを食べてくれた。
ンチも出たぞ!

今は膵炎の治療と食欲廃絶の方にチカラを入れ治療をしているけど、もしね、小次郎がジアゼパムなしでも食べてくれるようになったのなら、カリカリは何を与えればいいの?
膵炎中心?腎不全中心?
膵炎ならセレクトプロテイン、腎不全なら腎臓サポート。ウェットは嫌いなのでそっちは考えない。
セレクトプロテインにレンジアレンとか使う?腎臓サポートに消化酵素や吐き気止め使う?
真逆な成分に困惑。
低分子プロテインとかはどうなのだろう。

膵炎と腎不全の両方を患っているおネコさん達ドライは何食べていますか?教えてくださいませ。
Img_e819a6377cd7bc2638708f9afdf4f8e0
今日はジアゼパムを飲まないでどんな感じなんだろうと実験?してみた。
お昼に少し自分で食べてくれたから。
夜も薬なしで食べてくれた。
少し暗いところで…だったけど(笑)
でも大進歩!
静脈点滴してから、ずっと引きこもり、それより家族を怖がる素ぶりしていたのに。水さえ警戒して飲まなかったのに。
ジアゼパムが食欲を出し、精神的な方にも効いてくれたんだと思ってる。

フラフラ転ぶ姿は可哀想で、もう飲ませない!って主治医にメールしたけど、フラフラするなら効いているはずだから、あと1日だけ飲ませてみて。それでダメならもう飲ませなくてもいいよ、可哀想と思うなら飲ませなくてもいいけど、軌道に乗りそうな気がするって返事が来て、その通り昨日飲ませたらバクバク食べて、しかも引きこもりからも脱出出来たのだ。飲ませる勇気をくれた先生、ありがとう。
明日の食事はどうなるかわからないけど、もし食べなくなったら半分の量で飲ませてもいいかな…。
要するに、8分の1錠(笑)上手に割れるかな(笑)

…良かった。お薬のおかげだけど、小次郎には必要な薬だったんだ。
Img_233d40ab95269761fc6a363024bc966b
ジアゼパム(人間の安定剤。ネコには食欲増進剤として使う)を飲みつつ食欲に刺激を与えているのだけど、さすが安定剤だけあって、小次郎のメンタルにも効いてくれたみたいで、あんなに拒否感いっぱいだったのに私に甘えてくれるようになった。
甘えるだけじゃなく、人間の布団の中に引きこもっていたのも少なくなって、その時のお気に入りの場所で寝るし、私たちが見ていてもトイレに入るようになった。

昨日は比較的食べてくれたから食欲増進剤は飲ませなかったんだけど、今日は低気圧なのもあってほとんど食べなく、お薬投入。
が、効きは少しだけ…。低気圧のせいなのか小次郎の体力が出てきたからか、フラつきも少なく、カリカリも30粒食べたらすぐ寝てしまった。

どうして食べないんだろう…。膵炎以外にも原因があるのだろうか。
エコーでは腹水もあったし、もしかしたらガンかも?な影もあったから…。

でも吐いていないのだ。小次郎の人生でこんなに長く吐かないのは初めて!子供の時から毎日のように吐いていたから。
お腹のピーもないし。
体調は大丈夫なはずなんだけどな。
Img_9a5ff209ac93a6b54f27f2cf5e764497
相変わらず食べる方はよろしくないけど、メンタル面はここまで回復した。
お外の空気吸って、花や草の香り嗅いでスンスンしてた。

どうして食べないんだろう…。
もしかしたらそれほど食べなくても良い体なのかな。んなわけないか汗
ずっと吐いてないし、ンチも良い具合い。
よくおしゃべりするようになったし、甘えるようになった。
なのにどうして?腎不全、膵炎の他にも何か体の中に隠れているモノがあるのだろうか。
Img_38531eda0535fb98096eb619146976fc
リラックスはしてくれるようになった。
だがしかし。静脈点滴で膵炎治療を頑張ったわりには、食に関しては全く進歩なし。
ジアゼパムを飲ませてもそれほど食べなく、ちょっと食べたらすぐ爆睡モード。
安定剤の方に効いちゃってる…。
セレクトプロテインが飽きたのか、体調なのか。
私が悩みすぎてホント禿げそう…。
Img_3338389acefb84d9c969ce0916b8b359
肉球うめぇ!…じゃなくて!
ご飯を食べてくださいよ。
今日は食欲増進剤はなし。
食べないだろうな、とは思ってはいたけど、本当に食べなかった。5粒は食べたけど(笑)
愛情給餌はしたけれどね。
5粒でも自分で食べるということは食べられるんだよね?
膵炎か腎不全のせいで、お腹とか胃がシクシクしてるのかな。吐くほどではないけどって程度の。
実際強制給餌しても吐かない。
謎は深まるばかり(笑)

でもね、もう焦るのはやめた。食べなければ強制給餌(愛情給餌)すればいいだけ。ストレスにはなるけど。
なるようにしかならない。

ところで4月から発売されたラプロス。どうなんだろう…。
膵炎を中心に生活していきたいから(今の私の中では、腎不全より食生活が難しいと思ってるから)、それなら少しでも腎臓の負担を軽くしてあげたいと思うのだけど…。
Img_2b9377a784d898fee1be940c2dbfce0c
夜中から朝にかけて嘔吐が続き、私の中でまた膵炎の…?と怖くなり(静脈点滴終わったばかりだから)、かかりつけ医に連絡し往診に来てもらおうと思ったら今日は予定があるらしく、提携病院に連絡してくれ行ってきた。
吐き気止めと胃薬の注射をしてくれて、もしもの時はいつでも検査などに来てくれて構わないと言ってもらえた。
注射が効いたのかその後は吐いてはいない。…よかった。

膵炎がこじれているか、他にも何かあるか…。検査すればわかることもあるし、わからないこともあるって話だったけど、小次郎は17歳。もうあまりストレスをかけたくないというのが正直な気持ち。
だけど、原因が分からなければ治しようもないのもあるし。
昨日やっと少しだけポジティブになれそうだったのに、また今後について悩みが出てきてしまった感じ。

何度も思うけど、私はただ小次郎に、ストレスなく穏やかに暮らしてもらいたいだけなのだ。
Img_9f224b07b7123cd8b6c4afdf1f4163e0
具合悪そうではなかったんだけど、昨日の今日だったからか、雨降りのせいか、本日の定位置は夜も寝ている、この薄暗い所。
人間の布団の中に引きこもったままよりは全然良いんだけどね。
Img_3bcb86cb4a0a387b7735412e561c044a
久しぶりにペリアクチンを飲ませてみた。
ジアゼパムだとその瞬間しか食べないし(しかもそれほどの量でもないし)、小次郎ノートを見ると静脈点滴する2日前に飲んだのが最後ずっと飲んでなかったから、慣れたのか体調か効かなくなっていたけどもしかしたら今なら効くかもと思い…。
予感的中。食べてくれた。そんなに多くは食べないけど。ジアゼパムの時と違い、ちょこちょこと食べた。
少し気になったのが、今までは興奮で大鳴きしたのに今回は全く。なんでだろ。まだ大声出すほど体力ないのかな。

明日は往診日。血液検査して、膵炎や炎症性腸疾患(IBD)に有効なステロイドを使うかどうかを先生と相談。
腎不全には良くないお薬。だけどちゃんと使えば万能なお薬。
小次郎の膵炎はこじれてしまっているらしい。IBDやリンパ腫かもしれない。腹水もある。
今後の小次郎の人生を穏やかにするためには、大量のステロイドを使わなければ良いことなのではないか?と思い始めている。
Instagramでステロイドの使用経験や膵炎の治療など色々と教えてもらった。
たびたび嘔吐が止まらないなど見ていても辛い症状を緩和してくれるかも。廃絶している食事を楽しいものに変えてあげられるかも。
ただステージ3近い腎不全に影響が出るかも。
だけど食べなければ何も良くならない。
小次郎の目はまだまだ力強い。声も張りがある。弱っていないと思っている。
賭けてみようかな…と思い始めている。

小次郎は17歳。出るか出ないかわからない副作用を怖がって使わなければ、確実に体力はなくなり、強制給餌のストレス、廃絶が続けば首の辺りからチューブを入れての栄養摂取や、膵炎の合併症の糖尿病になるかも。それなら使った方が良いのでは?

とにかく楽しい穏やかな毎日を送ってもらいたいのだ。
Img_7fbce0d2e740f25f71fa1adbc2cd75b2
アゴにお水が付いてますよ(笑)

小次郎の往診日。
血液検査の結果は意外にも悪くなってなかった。むしろ良くなっていたところもある。
はて。なぜ?良いことだけれど、摩訶不思議。食べてなかったのに。

今日からステロイドの投薬を1週間することになった。
なぜ1週間?ステロイドが効くなら、1週間で効きがわかるらしい。以下私自身の確認も兼ねて、長々書くよ。

小次郎は膵炎であることは確定している。そして今怪しいのが、炎症性腸疾患(IBD)も併発してるかもということ。
実はIBDって曖昧なところがあって、確定できないままIBDとしての治療になっていることもあるらしい。IBDのネコさん多いなーと思っていたけれど、もしかしたらIBDではないけれど、ステロイドが効いてるからIBDというにしていることもあるとか。ちゃんと検査していれば別だけど。
炎症を抑えるためにステロイドを使ったら調子が良くなった(ように見える)から、IBDだったんだねーってことにしていることもあるらしい。

で、小次郎の場合のステロイド。
いろんな検査をすればこんなことをしなくても良いのかもしれないけど、小次郎には無理。おじいちゃんだから。
膵炎は確定でこじれているのも確定。でもステロイドが効かない膵炎もあるらしく、まず1週間きっちりステロイドを飲んで炎症(小次郎の場合は食欲が一番わかりやすい)がおさまるかを確認。要するに1週間だけひとまず飲むことに。

ステロイドだから炎症があればおさまる。
おさまらなければステロイドが効かない膵炎であり、ステロイドが効くIBDでもない。ステロイドはそのまま終了。ペリアクチンやジアゼパムで食欲を出したり、強制給餌をして今まで通りの生活に。

今日から飲み始めて調子が良くなり、1週間後ステロイドをやめても調子がそのまま良い状態が保てて、後になってまた症状が悪くなったら、それはステロイドが効く膵炎であるので、今回みたいに1週間くらいステロイドで炎症を抑え、また休薬し状態が悪くなったらまたステロイド…という感じで治療。

それか今日から飲み始めて調子が良くなり、1週間後ステロイドをやめたらすぐ再び連続する嘔吐や食欲不振や廃絶が出たら、それはIBDでありステロイドを連続で服用。膵炎プラスIBDということ。

という感じで、まずステロイドが効くのか?炎症性腸疾患なのか?これを確定しましょう。となった。
(ややこしすぎる。文才がなさすぎる。自分で書いてて合ってるのかさえ怪しい涙)

小次郎は痩せてる子なので、これで糖尿病になるととてもとても厄介らしく、どうしても糖尿病にだけはさせないように…と言われた。

休薬日を設けるし、腎臓もそれほど悪くならないだろう。肝臓の方も血液検査でちゃんと見ていく。とのこと。

何より小次郎のために(半分以上心配性の私のために)、こうだったら何の薬を使う。こうじゃなかったら、他にこんな病気の可能性もある。と達筆なw手書きで書いてきてくれて感激した。一部達筆過ぎて読めないけど(笑)

20時頃飲ませたけど、現在23時前。まだ何も変化なし。そんなにすぐには何もないか(笑)
どうか良い方向に向かいますように…。
Img_16d8d1c7c4ce493f331be11973a5e01c
花も緑もどんどん育ってきてるよー。

昨日から飲み始めたステロイド。
効き始めるのはいつなの?
もう本当なら効いてきているの?
ご飯は廃絶はどうにか免れたけど、食事とは言えない微量…。
焦ってはいけない、1週間待つのだ!と思いつつ、やはり食べないことと、今朝のゲロンパでやはり効いていないのではないか?と思っちゃう。
食べてね!
Img_db272132ba4dcf78646a9204ff5b114d
食べなく痩せて、多分体力と筋力もなくなったであろう小次郎に、お父ちゃんが新しく階段を作ってくれた。(すぐ作れるんだね、こういうの。私は無理だけど)
今までは3段の階段。今日からは5段階段。
…華ちゃんの時も最初は3段。次に4段。最後はほぼスロープ階段になったなぁ。
でも前もそうだったけど、一番上まで行かないで途中で軽くジャンプしてカウンターに乗ってしまうという…。

ステロイド。なんだか効いてない。副作用の多飲や食欲増進もほとんどない。
一応小次郎の体重に対して、ほんのすこーしだけ多めに出してもらっていて、がっちり1週間は飲んで効かせる!ということなのに…。
副作用もそれほどじゃないってどうなってんの…。
ホント食べないってツライ。食べようとするのは食べてはいけないフードってのもツライ。
どうにかならないのかなぁ。
軽くジャンプしちゃうほど元気はあるのに。精神的なモノなのだろうか…。
イヤ、簡易だけど膵炎の検査で陽性だったし、アミラーゼが膨大な数値をはじき出してたからしなぁ…。
Img_71a6ccdb815ab2791029bb0a46ce49fa
毎日空腹ゲロンパしている。
どうしたステロイドよ!
強制給餌もやっていいものなのか、やるべきではないのか。すごく悩みながらしている。
私は小次郎に虐待しているのだろうか…とさえ考えてしまう。
Img_c98957a20825cfd2b083dedbc9f9e120
具合が悪い時って寝方がこんなじゃないと思うんだけどなぁ。
相変わらず自分で食べないので、強制給餌で過ごしている。
Img_8a7673d7fd11bdfdbce4590b0423b231
食べたのだ。5粒だけ(笑)
なんだよ、食べられるんじゃないのよ!
と嬉しくもあり、謎でもあり…。
強制給餌も嫌がるわりには食べ終わると顔洗いなんてしちゃって、満足してんじゃないのこれ?とか。
もしかしたら強制給餌である程度栄養取れちゃうし、食べなくても良いか…なんて状態で、その状況に甘えてるのかな。
野性味が全くない小次郎だから、食べなくちゃ死ぬということを知らないとか…(笑)
しかし、強制給餌されてるからお腹が減らないってことはあり得るな。と言っても必要量には程遠い量しか食べさせられてないんだけども。
Img_6cfe71231344ca54668ae13cd5cedaaf
食べない小次郎と、食べてもらえないカリカリにスポットライト。

明日の朝でステロイドが終わる。
期待に反して、何の反応もないまま終わった。
ある意味ウケる…。

強制給餌は頑張ってゴックンしてくれるけど、必要量を食べてもらうのは無理だー。
強制給餌にはやはりリキッド使わないとカロリー取ることが出来ない仕組みなのか…。
前みたいにカリカリを粉にして混ぜ込ませた方がカロリー取れそう。
となると消化を考えてi/dになるのかなぁ。
タンパク質とリンの数値が大きいから、活性炭的なのを与えないといけなくなる。
i/d缶だと腎不全用とも数値が似てるからそのままでも大丈夫そうなんだけど…。缶だけだとどうしても足りない。

前も思って書いた気もするけど、強制給餌って体重の維持はなんとか出来ても、増やすことが出来ない。多めに食べさせても。
自分で咀嚼して食べることの大切さを実感するよ。
Img_4cb79d9bde09bc82f9f14fefef1f72ca
強制給餌後のそそくさ逃げた小次郎。
おこ。(笑)

最近は私も小次郎も開き直って給餌するしされるし、もうこんなもん的な日常になりつつある。悲しいかな。
ただ助かるのは、投薬もそうだけど、強制給餌は愛情給餌でもあるけど、やはり強制なので嫌がりそうなものを、意外とすんなりなのだ。
とてもご苦労されてるネコさん、ネコママさん達も多いと思うけど、協力的?で助かってる。

今朝でステロイド投薬が終わり、調べると24時間でシッコでお薬はなくなるようなので、明日の朝にはおそらくステロイドは体からはなくなっているはず。
そしたら小次郎の体調などどうなるか。
食に関しては飲んでいても何も変わりはなかったので、あとは嘔吐だよね。
空腹時に吐いた時もあったけど、吐いて体内の電解質が崩れるのが怖くて、夜中も給餌してたけど、それからは今のところ2日間は吐いてない。
膵炎特有の嘔吐もない。これはある意味突発的だからたまたま…ってこともあるけど。
さて、明日からどうなりますか…。

おっちの時には腎不全のこと、華ちゃんの時は心不全と肺水腫、乳がん、老いを教えてもらった。
今は小次郎に、膵炎を教わっている。
私ちゃんとおっちと華ちゃんの教えを、小次郎に活かせているかな。
Img_cae79f050f8ddb3168c646cf79f51414
吐き気止めの飲み薬飲んでも何度も吐いて、また往診でお注射…。
たまたま強制給餌に使う針なしシリンジを届けてくれる予定になっていたから、そのまま往診になってしまった。
静脈点滴やステロイドはなんだったのか?とも思うけど、膵炎とはそういうもんで、私が早く上手にこの嘔吐とお付き合いしていかなければならないようだ。
膵炎の薬がないので…。
まずは食べてもらいたい、体重を増やしたいと思っても、強制給餌を二人で頑張っても、体調が悪くなると嘔吐しちゃうので、また半日絶食のはじめからやり直し…。
つくづく膵炎は厄介と思い知る。もしかしたら腎不全より管理が難しいかもしれない。
ご飯も薬も、膵炎用はとても少ない。まだ選ぶとかそんな感じではないのだ。
腎不全のご飯はやっと選べるほど出てきたな。とは感じ始めたけれど。

不憫でならない…。
Img_48788fa2f056827ed48006921d82d934
んー開かないなぁ…。試合も負けたし…。

今日はペリアクチンを飲んで、極力強制給餌をなしで過ごした。
食べても良いのかどうかわからない消化器サポートだったけど、少しは自分から食べてくれた。

体重は一昨日50g増えた!と喜んだのだけど、昨日の嘔吐からの絶食でマイナス100g…。結局増えた以上に減ってしまった。
やはりね、強制給餌頑張っても体重って増えないんだよね、小次郎の場合。
i/d缶を裏ごしして食べさせてたけど、今度からはi/dかセレクトプロテインのドライを粉にして、クリティカルリキッドか腎臓サポートリキッドでトロトロにして…の方がいいのかな。
缶詰ってたくさん食べないとカロリー取れない。

強制給餌は小次郎にとってストレスになるけれど、こちらからするとそうとも限らず、中にサプリとか混ぜ込ませられるってのが良かったりもする。
まぁ小次郎も私もおクチにポイで簡単に飲めるから、そっちの方が良いのだろうけれど。

しばらくはペリアクチンのチカラを借りて(効かない時も多いけど)、できるだけ自分で噛んで食べてもらうことにしようと思う。
具合いが悪い時はペリアクチンくらいなら食べないだろうし。ジアゼパムだと気持ち悪かろうが食べてしまうから。アレは可哀想な食べ方だもの…。
早く私が小次郎の膵炎と上手に付き合えるようにならないと。だな。
Img_14b42f92b8e3b38b9784c6804644606e
夜の投薬後。
ばあちゃーん!お母ちゃんがイジメるのー!っつって、ばあちゃんのところに逃げる小次郎…。
いじめてるんじゃないんだよう。逆なのにー!と落ち込む私(笑)

今日は朝にペリアクチンを飲ませ自力での食事を期待していたのだけど、朝方から何やら不穏なおクチくちゃくちゃをしていたから、なだめて気を紛らせ(笑)、なんとか吐かないで済んでからのペリアクチンだったせいか効きが悪かった。(なだめても吐く時は吐くものだけど。おかげで3時起きだったけど)
午後から2度目のペリアクチン投入。
またしても効かないのか…と思った投薬3時間後に食べ始めた。やれやれ。

ペリアクチン、多分小次郎の体重では2分の1錠を1回なのだけど、小次郎は効く時はとても効くので4分の1錠で飲ませ、効かなかったらまた飲ませて…というやり方でやっている。
そのやり方だと最高4回は飲ませられることになるけど、今までは1/4錠を2回までしか飲ませたことはない。それもまだ数回。
もう一つの副作用の興奮が可哀想でね。
先生はそんなに興奮しないし、1/4錠で効くなんて!って言うけど、小次郎は興奮するんだよ、少しでも食べるし。でも前ほど大声出さなくなったなぁ。出なくなったのかもだけど。
それにしても自力で食べることが出来るのだから、このやり方で、そしてたまに休薬してペリアクチンに慣れすぎないようにしつつ、上手に使っていけたら…と思っている。
Img_9d8ab95af8fb55beb4c3c2dac928a572
緑と花と、良い香りだねー。

今日はちょっと良い感じだった!
本当に久しぶり。
1ヶ月前の昨日に何度も何度も吐いて、
明日が、1ヶ月前に静脈点滴を始めた日。
点滴が終わってからの恐怖いっぱいで引きこもり、私を見る目が、あんなの初めてなほど恐怖でいっぱいで…。
よく1ヶ月頑張った。
治ることはない膵炎と腎不全と心肥大。
でも小次郎は小次郎のままでいられるように、私はこれからも勉強していく。
おっちの時の後悔と、華ちゃんの時の根性を、今度は全部小次郎に使えるように。
Img_7d64eefdc9d6e6040e2de13bdb6ed162
ばあちゃんの腕枕で寝てたー!くそー(笑)

今日は2度もペリアクチンを飲んだのに、それほど効かなかった…。
何でだ?体調なのか、空腹具合いで効きが違うのか。1/4錠では少ないのか。
うーむ、難しい。
Img_c854f01dac41ac681b8e8506b4cfb848
こじ、ソコばあちゃんのベッドだよ。
寝られないよーと苦情が来たので移動しますよ。

ペリアクチン、あまり効かず、少し効いた。そんな感じ。
今日は強制給餌の方が多かったかな?
Img_c6d6fad7d89722ea673031e6be98dc4b
ボク食べました。

今日はペリアクチンがよく効いて、結構食べたよ!
チョコチョコ食いなので、胃や膵臓を休ませる時間ってないのでは?とも思うけど、減った体重も戻したいし。

ペリアクチンが効く時と全く効かない時の差とは何なのだろう。
空腹時に飲ませると効くことはわかっていたけれど、こんなに差が出るもんなの?って程、効き具合いが違う。
摩訶不思議。