● 尻尾

おっちと小次郎のしっぽ。
あまりにも小次郎が不憫で(笑)思わず、長さを測ってみた。
その結果・・・

おっち–25cm
小次郎–13cm
小次郎はカギ尻尾なので測るのに一苦労したけど、やっぱり中途半端で不憫である。
尻尾が長いとバランスを取るのに良い、と、これまたどこからかの情報。
だけどカギでも中途半端でも、我が家では小次郎の方がバランスに長けている。
壁を駆け上がったり、ジャンプしたり。大得意。
~というのか、おっちが大人しいだけか。

● 箱の中

最近の小次郎の趣味は、箱の中で寝ること。
今日も、暑いのに箱の中でお昼寝してました。
こっそり箱を覗くと、「うな?」と言ってくれる。
言ってくれるのではなく「何だよー」と言っているのだろうけど。
その「うな?」が可愛くて、何回も覗くもんだから「ん~」になってしまう。
おそらく「いい加減にしてくれニャ」と文句言ってるんだね。
でも可愛いからやはり覗く。。
そのうちに何も言われなくなって目も合わせてくれなくなり、悲しくなる私なのです。
自業自得。

● ダンナがキライ?!

小次郎は(おっちも)ダンナの事、苦手に思ってます。
オモチャを家族の誰よりも買ってくるし、おやつも誰よりも与えているし、ダンボールハウスも作ってくれるし。
トイレの掃除と食事以外は一番相手してくれているはずなのに。
~この写真、ダンナに写真を撮られて固まっている。
どうしてなのだろ?と考えてみると、家族の中で唯一男。
ネコは男性の声より、女性の声の方が心地よく聞こえる。と何かで見た気がする。
だからなのか?
オットよ、裏声を使え!
そうすれば、膝の上での抱っこも思いのまま・・。
「おっちとこじが逃げるから、オレはいい・・」なんて言わなくてよくなるかもよ。

● 体格の違い

同じ量のカリカリを食べているにも関わらず、この違い。
おっち5キロ、小次郎4キロ。
骨格の違いのせいなのだろか?
肉球、頭の大きさ、腕の太さ、どれをとってもおっちが大きいので、
体格の違いはやはり生まれ持った骨格のせいなのかな。
母ネコが一緒でも父ネコが違うだけで、こうも違うなんて。
小次郎を膝に乗せても、結構数時間耐えられる。
が、しかし。おっちは1~2時間が限界。
1キロの差はデカいのです。
膝の上での甘えモードは、おっちの方が好きなんだけどなぁ。

● アンニュイ

なんだかおっちさん、アンニュイな気分らしく
小次郎が大はしゃぎしていても、付き合ってあげる気分じゃないそうです。
4年前の今頃、小次郎が我が家に来て、おっちは生後半年にも関わらず
小次郎兄弟のお世話を一生懸命やってくれました。
お尻舐めてくれたり。自分もまだ子供なのに、尻尾にじゃれさせたり。
生後半年にして、10歳くらいの貫禄を見せ付けていた。
そして現在、小次郎の遊び相手をしてくれるので、私達人間が手を離せないとき(TV観てる時とか?)
追いかけっこや、抱っこ(している様な格好)して小次郎を寝かしつけてくれたりしてます。
ホント、大変助かっております。ありがと、おっち。
たまには一人の世界に浸って、のんびりしていいよ(^^

● ゲロンパ星人

夕べ、小次郎は大量に何回もゲロンパ。
毛を出す為とは思えない。
一体どうしたの?
何のことはない、食い過ぎ。
小次郎は少しでも食べ過ぎると、すぐに吐くのです。
少量を数回に分けて与えているんだけど、おそらくおっちこさんのを横取りしたのだろう。
計5回吐いて、スッキリして大暴れしてました。
少量を数回に分けて・・というのは、人間の都合ではかなり大変。
まず、家を留守に出来ない。家族全員での旅行は出来ません。
そして、おっちもつられて欲しがる。
おっちは大食いで、1回の食事で満腹にならないと気がすまないタイプなもんだから
小次郎に合わせると、何回も何回も「ごあーん!」と私を呼びます。
食った気がしない。という感じか。
小次郎の腹八分いや、腹五分は治らないものなのだろうか。