元気だよ

手を出すなごむ

そろそろなごむが我が家に来て1年。
来た当初は病弱で目が離せなかったのに、今はイタズラ坊主で目が離せない。
最近はウォレ助の病気があって、なかなか出番がなかったけど、今日は一日中雨降りで散歩も短時間。
たまにはなごむも載せなくちゃね。
…元気に毎日変わりないなごむ。ありがたい。健康第一。

通院とシャンプー

診察を待つ笑顔のウォー

ウォーちゃんの通院日。2週間ぶり。
いつもいつも同じ検査ではあるけれど、だから違いがわかる。
この前驚くほど良い結果だったけど、今日はそれを上回るほど良くなっていた。
肝臓腫瘍はなくなってるとは思えないけど、血液検査の結果が全て正常値だった。なんで?どうなっているの?どういうことなの?
先生とも奇跡的だー!と喜んだ。
普通は1ヶ月くらいで再発して…ということが多いそう。
なので最初のうちは慎重なくらい通院してもらったとのこと。
私たちを気遣ってくれたのか言わなかった言葉が出た。腹腔内出血。
腹水の中に血があったのだから当たり前なのだけど、家に帰って調べたらそれがどんなに大変なことなのかがわかった。
良くなることは稀だと書かれていた。

ウォレ助もまた再発するのかもしれない。ネガティブな私はあまり楽観的に考えていないので、いつかは…とは思っていた。
でも正常値にはならないけど、悪いなりにもそれなりの生活ができるようにと言われていたから、今日の正常値内に収まっていたことが奇跡的なのではないか?と。だって最初、もう散歩はしなくていい、外に出るのはトイレくらいで穏やかに過ごしていきましょうって言われたんだよ。
それが!前からずっと思っていたし言っていたこと、ウォレ助は運が強い。徳を積んでいる。天が見放すわけがない。

この前海にも行けたし、テンション上がると小走りもできるようになった。嘘でしょ?と思う。あの日を思うと嘘のよう。
ありがとう、ウォレ助。
性格もあるのかもね。気にしない。肝が据わってる。怒らない。イライラしない。
そして我が家はウォレ助だけを見ていることができないので、まつりとなごむがいつも通り過ごしてくれたから、私も心配ばかりしてもいられない。
何が良かったのかわからないけど、治ったわけじゃないけど、いまウォレ助の体調が悪くないというだけで嬉しい。

膝で寝るまつり

そして夕方、まつりはシャンプー。
疲れたねー(笑)いつまで経っても慣れないね。
終わったらずーっと私の膝の上から降りないで寝ていた。
お疲れさん。

なごむは…嗅ぎ慣れないまつりのニオイになぜか大興奮して、走り回っていた。
…これだから、ウォレ助も落ち込む暇なんてなかったというのが良かったのかも(笑)

雨の散歩

玄関前のみんな

朝も夕方も雨。
明日の予定の関係で、夕方にンチをどうしても出してもらいたかったから、朝から夕方のために念入りに予定を組んで、降っていても散歩決行にしたのに、こういう時って焦りが伝わるのかなかなか出してくれないのよ(笑)
結局諦めかけた時に出してくれたのだけど。疲れさせたくないから早く出てほしかったのにー。

最近は散歩のあとは玄関前にマットを敷いて、ウォレ助は横になって足拭き、ブラッシングをしている。
その間まつりはウォレ助の服にリードを引っ掛けて(繋がられていると思うみたいで動かないまつり)、私が二人のンチを外のゴミ箱に捨てるのを待ってる。写真で見るとまつりが小さすぎてよくわからないな。

今までは玄関の中で足拭きをしていたけど、拭いている間私がウォレ助を支えて、座るなよーがんばれー!ってしていたけど、このやり方に最初からしていれば良かった。
ウォレ助は休める、足を拭くダンナも楽、私もまつりの足拭きが出来る。
なぜ今まで気づかなかったのかと思うほど、楽チンになった。
めでたし。

明日はウォレ助の通院。まつりのシャンプー。頑張れよー。

膝の上

膝の上のまつり

暑くても湿度が高くても、私が座ると立つまで抱っこ。
寝言言ったり、体をピクピクさせたり、熟睡してる時もある。
私は足が痛いし、腰が痛いし、立ったり座ったりが多いから、居心地が悪いと思うのだけど…。

まつり、そろそろシャンプーしなくちゃね。
ウォレ助のことでなかなか時間が取らなかったから、明日予約するね。狼爪が伸びすぎてる。

海に驚くまつり

海に笑顔のウォレ助

曇っていてそれほど暑くないと思ったので、初めてみんなで海に行ってみた。
まつりの車酔いが少しずつ良くなってきているし、念願だったし。
海の湿度で暑くなってしまったけど、楽しかったね。
二人の笑顔(というか、暑くてハァハァした顔なのだけど)を見ると、こっちまで嬉しくなる。
足取りも力強くて、砂浜でもしっかり歩けた。途中はカート移動。階段で浜辺に降りる時は34キロのウォレ助を抱っこしたダンナは大変だったはず(笑)

ウォレ助、海が好きなの?海の方、波の方に行こうとするの。オシリが波をかぶって後ろ足を取られて尻もちついたけど、それでも海の方にグイグイ行こうとする。
反対にまつりは海は苦手。近くに抱っこで行ってもイヤイヤがすごかった(^^;;

砂浜ではまつりは猛ダッシュ!こっちが転びそうよ。
ウォレ助も波打ち際ギリギリを早歩き。痛みより楽しさが勝つとこうなる。家に帰るとバタンキューになるから程々にしたのだけど、嬉しそうにしているのを制御するのはちょっと心が痛いね。

私は東日本大震災での津波がトラウマで、家の前の国道が砂浜のようになったり、道路に船があったり、海に車があったり。その光景が頭から離れなくて、ずっと砂浜には行けなかった。
なのに、この二人がいると楽しくて、動悸息切れ目眩過呼吸が出ないの。
ウォレ助と一緒で、楽しいことが大きいと悪いことを忘れるのかもしれないよね。

波をかぶったウォレ助

この姿、オシリが濡れて土がついてる。
それでも海の方に行こうとするからダンナが引っ張ってる(笑)

ネコが好き

まつりと猫のアミ君

散歩中のネコちゃんと会い、まつりもウォレ助もご挨拶ができた。17歳なの!
ネコちゃん嫌がってるような写真になっちゃったけど、そうではなかったのよ。
ウォレ助はもともとネコが好きなのは態度から知っていたけど、まつりも好きなんだねー。
ワンちゃんと会ってもほとんどシッポを振らないのに、今日会ったネコちゃんにはかなり好きオーラ出してシッポを振っていたよ。
お鼻でチュまでしてた(笑)離れたくない!って言われたけど、家に帰ればなごむがいるではないか。
…なごむへの態度と違うんだよね。何が違うんだろう。なごむとはプロレスばっかりよ。

カートに乗るまつり

ウォレ助がンチをする時は必ずカートに乗るまつり。

雨がやんだ

二人でカート

カートに乗るまつり

九州地方は大変な雨で心が痛くなる。
こちらの今日は降ったり止んだりで、夕方は晴れ間もあり散歩にゴー!
少しだけ長く歩いて、まつりの運動不足解消を!と思ってるのに、カートを出すと乗りたがる。
ウォレ助が歩いている時はまつりに乗らせて…という具合い。

結構歩いてくれたなぁ、嬉しくなる。
本当に肝臓腫瘍持ってるのかなぁって思っちゃう。
でも私たちは気を抜かず、力は抜いて一緒に過ごしている。
毎日楽しくね!