甘やかす

立ちながら食べるウォレ

おかしいなぁ、前はこんなじゃなかったぞ。って絶対思ってる。
野菜とかフルーツとか、前よりもらえる回数多くなったね(笑)
もうダメかも。って思った今月初め、その時から甘やかしてる気がする。気がするんじゃなくて、確実に。
立てば、あ!トイレ?とか、キョロキョロしてれば、いるよー!ナデナデ。
今では夜中に私たちの頭の方で寝たりしてる。これまでは絶対ハウスから出なかったのに。
要求が通ると理解してしまった。
ご飯の回数も増えたし。
どうしましょうねー。
ま、いいか。明日で12歳だものね。

1日雨降り

雨の中のツー

前に作ってもらった羽織るだけで楽チンカッパ。
これを着てツー(ンチ)をしに行くウォレ助。
今までのカッパは足も手も入れて、完全防備のレインコートなので、今のウォレ助には大変かな?と思って。
この羽織るカッパ、とても使いやすくて助かる。

なごむ

最近出番がないなごむ。
元気すぎて目が離せない。
ウォレ助用の介護ハーネスの改良版を作りたいけど、ミシンをしている時間がない。
なごむが寝ている時を狙うけど、私がゴソゴソするとすぐイタズラしにくる。
猫の手も借りたいのに、うちの猫の手は邪魔ばかりだ。

現状維持

車の中のウォレ

車の中のまつり

今日も通院のウォレ助と、付き添いのまつり。

具合いが悪くなってから2週間過ぎた。
最初は緊急的な治療だったけど、シニアのくせに強いウォレ助。悪いながらも良くなり、先生も驚いたりもした。
今日の結果は先週木曜日とほぼ変わりなし。変わりないって言っても、これは悪くなる病気なので変化ないことが良いこと。
病気と付き合って生きていくということはこういうことなのかも。
今までネコでの経験では悪くなりながらも付き合っていくことしか経験がないから、変化がないことが嬉しかったりもする。
もちろん良くなったね!というのが理想なのだけど。
まずは安心した。腹水がなく出血してなくて。

診察室のまつり

毎回怖がりながらも付き合ってくれるまつりなのだけど(留守番が出来ないともいう)、後ろに写っている手はまつりのレントゲンではないよ(笑)

補助服の試作

赤い線の補助服

背中には持ち手付き

夏は暑いし、もっと軽くて丈夫な補助服が欲しくて探したけど見つけられない。
なので作ってみた。とりあえず試作品。
もっとこうした方がいいなーなど出てきて、次はもうちょっと改良したい。
わざわざ背中に持ち手を付けたけど、いらなかったかも(笑)
家にあった生地やテープを使ったから、見た目の色はまるで楽天カラーのクリムゾンレッド。
あのね、作るのに時間がかかることがわかったのよ。なぜなら、なごむがイタズラばかりでうるさい、まつりが抱っこしてくれとうるさい、ウォレ助はトイレじゃなくても外に出るとうるさい。他にも家事もあるしねぇ。

きっとその日その時で使いたい補助服の形も変わっていくと思う。今は上半身のみ、立ち上がる時、ワンツーする時に支えてあげられると私自身が安心。

裸のまつり

最近朝の散歩はトイレだけになってしまったまつり。
今朝は洋服も着せずハーネスだけ。
服を着ないで外を歩くまつりはなんだか変な感じ。

元気チビ組

見上げるまつり

散歩中にすごい顔が撮れた。
折り返し地点でもオヤツ待ちの顔。

水槽を見るなごむ

暖かくなり活発になったミナミヌマエビを見るなごむ。
メダカさん達は春になる頃全員星になってしまった。
冬を越えたのに、水換えに失敗したのだと思う。里子にもらった白いメダカ…可哀想なことをしてしまった。
が、エビちゃん達はとても元気。
そしてスイスイ泳ぐエビちゃんを見つけたなごむは、この世には知らないことがたくさんあるんだなーと、ずっと見ていた。

こんな感じでチビ達は元気。
ウォレ助も落ち着いている。でも散歩に行けない。外で他のワンちゃんのニオイを嗅げない。マーキングできない。そんなことでは退屈、ストレスになってるかな。
立たせる回数を少なくしてと言われても難しい。寝て遊ぶ何かってあるのだろうか。オヤツを探す、知育玩具でも買おうか…。

気がつく時

行きたくないまつり

散歩の途中気が付いて、ふと歩かなくなる時があるまつり。
ウォレ助がいないんですけど!って気が付く。
あれ?って思うんだろうな。
もう少ししたら一緒に行けるようになるといいねー。
でもね、一人だと走って走って、思う存分散歩を堪能してはいるんだよね。こっちは疲れるけど。

庭のモッコウバラとウォレ助

そんな思われているウォレ助は毎日庭の満開の豪華なモッコウバラの下でトイレをする(笑)
庭の芝生、枯れるだろうなぁ。まぁしょうがない。
こちらも思う存分出してくれたまえ。

通院

カートのまま診察のウォレ

最近は通院ってタイトルばっかり。仕方ない。
つーことで、本日も通院。
エコーでは腹水は見られず、肝臓腫瘍はまだそのまま。
小さくなる可能性はあるのだろうか。
血液検査も前回とあまり変わらず。良くもなってはいないけど、悪くなってもいないということなので、私の中ではOKとみた。

ウォレ助は病み上がりではなく、病み中なのだ。つい病み上がりと思っちゃうけど、これからも付き合いつつ体調の変化を見ていくということなのよね。
あれー!肝臓の中にキレイになってるよー!って奇跡が起こるといいな。

大鳴きのワンチャンを見るまつり

まつりも毎回お付き合いありがと。なんだか車に慣れてきた感じだね。