向こう岸

まつり

今日の散歩はちょっと気分を変えて、いつもの土手の反対側、向こう岸を歩いてみた。
同じ川で向こう側はいつもの散歩道なのに、久しぶりに来て新鮮。
ウォレスとも来たよなぁなんて思い出した。

まつり2

まつり3

向こう岸に行く途中でトンネルのような地下道があるのだけど、写真撮ったらなんだか疾走感のある感じに。
速く歩いているようだけど、本当は普通。面白い。

ロンパース

まつり

まつりがロンパースを着られるとわかってからは、朝の散歩は寒いから重ね着で着てもらっている。
今日の午後はトレーナーと腹巻だけで大丈夫だった。
朝の散歩でロンパースに上着を着て腹巻までしていたら、ご近所のおじさんに「あらら、モコモコしてるねー」と言われ、別の場所ではおばさまに「足どうしたの!包帯?」って言われた(笑)
ホント、もっと早く着られることがわかっていたら。これまでの冬の散歩が少しは楽だったのかもしれないよね。

風が強い

まつり

強風には強いまつりさん。
耳を折りたたんで、スタスタ歩けるのがすごい。
私が前に進まないというね。

昨日はなんかきつい言葉で書いたけど、でも本音なので、ここは私の、ドメインもサーバーもお金出して借りてる場所だし(無料じゃないのよ)そのまま書いておく。

いつもの日曜日

まつり

昨日は車でちょっと出かけて散歩したから、今日はいつもの1日。
最近車にも慣れたかなー?ウォレスがいた頃は、車に乗ると病院(まつりは何もなくても)だったから、なんとなく怖い思いはあったはず。今は車に乗ると普段と違う場所で思い切り歩けるから、その辺の違いなのかも。
本当の私の思いは、ウォレスとも一緒に、もっと楽しいお出かけをしたかったけど…。ウォレスがあまり歩けないということが早めにわかったから仕方ないのだけど。もっと一緒に二人で散歩させたかったな。
今でも思う。どうして現役時代に脊椎症と股関節形成不全を見つけてあげてくれなかったのか。厳しい言い方をすればワンコは道具ではない、早めに対処してほしかった。職員さんには見つけてもらいたかった。現役時代を無事終われば良いということではない。その後のシニア時代が本人だって辛いのだから。今言っても仕方ないのだけど。今後の盲導犬達がこのようなことがないようにと、何度も苦言を言ったけど。だから私は信頼していない。
ま、終わったこと。仕方ない。ウォレスは可愛くて賢かったことは確かなこと。

なごむ

なごちゃんは自由に通常営業。ゴロゴロ。